不要な楽器は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年04月25日

なぜ楽器買取の査定は実店舗以外の手段が良いか

手のひらにお金

楽器買取は、査定を依頼する手段が1つのポイントになります。やはり適正な手段で、買取を依頼する方が良いでしょう。それは、価格にも大きな影響を及ぼす可能性が大だからです。

楽器買取は、全部で3つ手段があります。実店舗で査定を受けるか、郵送もしくは出張という手段があるのです。

ちなみに2つ目の郵送ですが、楽器によっては難しい事もあります。とりわけ大きな楽器などは、少々難しいと考えておく方が良いでしょう。いわゆるピアノなどは、どうしても郵送する事が難しいので、基本的には出張限定になるのです。

それで楽器買取は、上記の3つの中では実店舗以外の手段がおすすめなのです。なぜなら、傷リスクに関するメリットがあるからです。そもそも楽器は、非常にデリケートな物品である事は間違いありません。

ちょっと運搬している最中に、傷が付いてしまう事もよくあるのです。特に小さい楽器などは、運搬時に傷が付く事も珍しくありません。人によっては、マイカーなどを使って楽器を実店舗に持ち込んでみる事もあるでしょう。しかし車が揺れてしまえば、楽器に傷が付いてしまう事もあります。

それで楽器に対する傷は、査定基準の1つになるのです。やはり楽器買取のお店としては、使用感があるかどうかは重視する事になります。目立った傷がある楽器ですと、いかにも使用感がありますから、ちょっと買取価格が落ちてしまう訳です。

であれば、実店舗以外の手段にすれば良いのです。上記のピアノのような出張査定などは、大いにおすすめなのです。

出張査定は、もちろんお店の担当者が自宅まで来てくれます。ですから担当者が到着するまでは、自宅の安全な場所に置いておけば良いでしょう。安全な場所なら、もちろん楽器に傷が付く確率も低いからです。それだけ買取額も下がりづらくなりますから、出張査定は大いにおすすめです。同じ理由で、宅配業者が取りに来てくれる郵送査定も推奨されます。

ただ、実店舗査定にも一応はメリットがあるのです。基本的には速やかに買取が完了するからです。

人によっては、自宅近くに楽器買取のお店が立地している事もあるでしょう。それで実店舗査定の場合は、お店で現金で支払われる事になります。ですから換金スピードは、他の手段よりは早い訳です。しかし、上記でも触れた傷が付くリスクはあります。換金スピードというよりも、買取価格の高さを重視するなら、やはり実店舗以外の手段が推奨されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です