不要な楽器は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年11月15日

楽器買取の価格を高める為のクリーニングとその注意点

物品の買取では、とかく状態が重視される傾向があります。それは価格に大きく関わってくるからです。

ところで楽器買取なども、それは同様です。やはり買取店としては、使用感があるかどうかは重視する傾向はあります。新品に近い品物などは、それなりに買取額も高まるでしょう。

このため楽器買取を考えているなら、行っておく方が良い点が2つあります。まず1点目は、楽器に対する保管状態には気を使っておくべきです。そもそも楽器の状態が良くなるか否かも、普段の保管環境などに左右される傾向はあります。例えば傷などは、明らかに発生しづらくなるでしょう。

保管状況が悪ければ、楽器に傷などが付いてしまう事もあります。それは買い取り価格を下げる一因になるのです。しかし良い環境で保管しておけば、状態も良くなりますから、価格もそれなりに期待できるでしょう。

それと、やはり事前の掃除です。丁寧に掃除を行っておくだけで、買取額が変わってくるケースも珍しくありません。ですから楽器の査定を受ける前に、自分でも一通りクリーニングをしておく方が、価格も期待できるでしょう。

ただしクリーニング方法などは、楽器によって異なります。例えば管楽器などは、オイルを使うのが望ましいでしょう。査定に出す前に、まずは管楽器の動作確認を行ってみるのです。それで箇所によっては、若干動作に難が生じる事があります。

そういう時は、ちょっとオイルを差してみると良いのです。それで状態を良くしておけば、買取価格が少し上がる事もあります。また弦楽器などの場合は、くすみ等があるかどうかがポイントです。一部のカバーに対してくすみがあると、やはり楽器としての価値が落ちてしまう傾向があります。

ですから査定を受ける前に、やはり該当箇所のくすみは除去しておく方が良いでしょう。

それとケースなども同様です。ギターの買取価格は、実は本体だけに左右される訳ではありません。ケースも、同時に査定される事になるのです。ですから少しでも高く売却したい時には、ケースのお手入れも行っておく必要があります。

このように事前の掃除を行うのは大事ですが、力加減には気を付けた方が良いでしょう。楽器の拭き掃除を行うにしても、あまり強い力を入れてしまいますと、傷が付いてしまう事がよくあります。かえってそれで、価値が落ちてしまう事もあるのです。あまり強く力を入れるというより、ソフトタッチでクリーニングを行うのが良いでしょう。

楽器買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です