不要な楽器は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年08月20日

楽器買取はどういう基準で査定が行われるか

紙に記入する人

楽器の買取価格は、物によって異なってきます。比較的それが高く売れる事もあれば、若干低めになる事もあるのです。

もちろん楽器の買取価格は、査定によって算出される事になります。では具体的にどういう基準で査定が行われるかというと、まずは付属物があるか否かです。楽器は、何らかのケースなどに収納されているケースが目立ちます。

例えばバイオリンなどは、独自のケースに格納されているケースがほとんどです。それで査定時には、そのケースがあるかどうかを確認される事になります。やはりケースがある方が、査定額は高めになってくるのです。

また楽器によっては、取り扱い説明書なども付属しています。最近の楽器には、使い方がやや難しいタイプもあります。使いこなす為には説明書が必要になる都合上、やはり説明書を買取店に提示する方が、価格も高めになる訳です。

こういった付属物があるか否かにより、買取額も変わってきます。ただし付属物がなければ、買取不可能という意味ではありません。買取自体は可能なのですが、やはりお店が提示する金額は下がってくるでしょう。ですから購入時のケースや説明書などは、大事に保管しておく事が大切です。楽器買取の査定で確認される点は、他にもあります。

状態が良いか否かです。やはり汚れなどが付着している楽器は、価値は低いと判断される傾向はあります。自力で除去できる汚れなどは、査定前に取り除いておく方が良いでしょう。やはり綺麗な楽器の方が、お店に対する印象も良くなります。それで査定額がアップする事もありますから、掃除は行うべきでしょう。

それと扱い方には注意を要します。楽器に対して傷が付いているか否かは、やはり確認されるのです。あまり雑な取り扱いをしてしまうと、楽器に傷が付く確率も高まります。普段から丁寧に楽器を取り扱う方が良いでしょう。

それと意外と軽視できないのが、楽器を購入してからの年数です。経過年数が長いかどうかは、査定基準の1つになるのです。

やはり楽器を購入してから長い年数が経過していれば、査定額も低くなる傾向はあります。長く使い込んでいれば、状態が悪くなる事もあるでしょう。基本的には、楽器は早めに売却する方が望ましいです。また楽器のレア度なども、査定基準の1つになります。なかなか見かけない楽器などは、査定額が思わぬ数字になる事もあるのです。

以上が楽器買取に関する主な査定基準ですが、おおむね状態の善し悪しを確認されると考えて良いでしょう。

楽器買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です